借金OL・サラリーマン解決サポートNAVI

借金・カードローン・自己破産・キャッシング等の悩みを無料相談

*

借金問題を解決する3つの方法!破産・民事再生・任意整理どれが良い!

      2016/11/16

借金問題を解決するといっても、どういうものがあるのか知りたいですよね。

借金問題について相談にのってくれるのは原則として弁護士になります。

以前は司法書士もテレビCMや広告を展開して積極的に借金問題に取り組んでいましたが、先日の最高裁の判決によりテレビCMや広告が息を潜めました。

okane

借金問題を解決する3つの方法

さて、借金問題を解決する方法についてですが、

1.破産手続き

2.民事再生手続き

3.任意整理

と大きく分けて3種類あります。少し分かりやすく解説していきましょう。

1.破産手続きについて

多くの方がご存知の手続きかと思います。

お住まいの近くの裁判所に

(1)もう借金を払える状況ではありません

(2)私が持っている財産はこれが全てです

(3)払わなくていいという判決をください

という書類を提出して、手続きを行います。

借金問題を解決する場合、めぼしい財産(不動産など)がない場合は破産手続きが経済的メリットが一番大きくなります。

なにせ、借りたものを返さなくていいことを裁判所に認めてもらう手続きですから。

ただし、嘘をついたり財産を隠したりすると虚偽破産罪といって刑事罰の対象となりますので、注意して下さいね。

2.民事再生手続きについて

破産手続きと少し似ているのですが、お住まいの近くの裁判所に

(1)借金はこの程度しか払えません

(2)私が持っている財産はこれが全てです

(3)だから、これで許してという書類を出して、裁判所に認めてもらう手続きです。

この程度というのは法律的に決まっているので、自分自身で決める事はできませんが、法的に返済額を減らせるので二番目に経済的メリットが大きいと言えると思います。

3.任意整理について

この手続きは、お金を借りた業者と交渉して返済額を決めるという手続きです。

例えばですが、いま業者Aから300万円を借りていて、月々4万円を返済していると仮定すると、交渉により毎月の返済額を減らしたり、将来的な利息をなくしてもらうといった交渉を行うとイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。

この手続きは裁判所に書類を提出することはないので、難しい手続きではありませんが、お金を借りている業者(債権者)との交渉能力が必要となります。

その他にも、少し前に有名であった過払い金に関する手続きや、裁判所を通して任意整理を行う特定調停といった手続きがありますが、どちらかというと破産・再生・任意整理が借金問題を解決するための大原則と言えると思います。

借金は無理して返済しようとすると周りの人にも迷惑をかけます。

例えば、お子様がいる場合はお子様の将来の教育費が足りなくなったり、ご結婚されていない方は結婚する場合に相手にバレると婚約解消の問題に発展したり、ご年配の方はお子様に借金を背負わせることになったりと、周りの人を不幸にする火種となるのが借金問題です。

決して無理はせず、少しでも返済が厳しくなった場合は弁護士に相談に行かれてみて下さい。

借金OL・サラリーマン解決サポートNAVIなら弁護士に120分間の無料借金相談ができます

syakin

借金OL・サラリーマン解決サポートNAVI経由なら、120分の初回相談が無料となります!借金で悩んでいる誰にも相談できないなら、一度弁護士にご相談してみてはいかがでしょうか?

 

↓ ↓ ↓

今すぐ弁護士に120分借金の無料相談をする

 - 借金解決について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした